仏ヶ浦

tt-02.png

極楽浄土を思わせる
神秘の秘境

約2㎞にわたり連なる奇岩が太古の神秘を感じさせる仏ヶ浦。その圧倒的スケールと自然が作り上げたとは思えない奇跡の造形美はまさに絶景。如来の首や五百羅漢、一ツ仏や極楽浜など、仏にちなんだ名がつけられたその地には、極楽浄土を思わせる世界が広がっています。

仏ヶ浦
仏ヶ浦
仏ヶ浦

数百万年の時を越えて

海底火山の噴火と地層の隆起で生まれた仏ヶ浦。不思議な形をした奇岩群は、この地の凝灰岩が途方もない年月をかけ、風雨や波により削られてできたものです。自然の産物とは思えない姿をした奇岩は、顔の形をしたものや花のような形をしたものもあり、その美しさに魅了されます。

仏ヶ浦奇岩MAP

五百羅漢
五百羅漢

仏ヶ浦海岸の北約200mの場所に鎮座する巨壁。船上から、または桟橋付近から眺望可能です。

屏風岩
屏風岩

仏ヶ浦海岸の桟橋付近、山側にある大きな岩。南側を向け置かれた屏風を連想させる佇まい。

岩龍岩
岩龍岩

仏ヶ浦海岸の桟橋に降り、遊歩道を進むと最初に現れる奇岩。先端が特徴的な形をしている。

香爐岩
香爐岩

まるで仏具のような形の小さな奇岩。意志を持って作られたかのような特徴的な造形を持つ。

天龍岩
天龍岩

仏ヶ浦海岸を訪れる人を迎えるように聳える奇岩。海側と山側では造形が全く異なっている。

双鶏門
双鶏門

岩肌に突如現れる二羽の鶏の姿が滑稽かつ奇妙。高い場所にあるので近づくことはできない。

帆掛岩
帆掛岩

仏ヶ浦海岸の中央付近に聳える巨壁。その神秘的な姿により、周囲はまるで神殿のような空間。

蓮華岩
蓮華岩

仏ヶ浦の浜に点在する背の低い奇岩群。蓮華の姿を思わせることからその名が付けられている。

如来の首
如来の首

仏ヶ浦を代表する奇岩のひとつ。見る角度によって如来の横顔が浮かび上がると言われている。

極楽浜
極楽浜

仏ヶ浦海岸の南側に高く聳える蓬莱山の奥にある神秘的な砂浜。訪れるには少し険しい場所。

蓬莱山
蓬莱山

仏ヶ浦海岸の南側に聳える巨壁。風雨で刻まれた凹凸が想像を超える時の流れを感じさせる。

一ツ仏
一ツ仏

仏ヶ浦を代表する奇岩のひとつ。鋭い形が特徴的で、じっと海を眺めているようにも見える。

大町佳月歌碑

大町佳月歌碑

1992年(大正11年)にこの地を旅した文豪・大町佳月が、その美しさを「神のわざ鬼の手づくり仏宇陀(仏ヶ浦)人の世ならぬ処なりけり」と詠っています。海岸には大町佳月の歌碑が建てられ、それ以来仏ヶ浦は人々の注目を集めることとなりました。


仏ヶ浦散策の注意点

  • 仏ヶ浦には売店がありませんので、飲み物などはご持参ください。
  • 散策の際はスニーカーなど歩きやすい靴が最適です。
  • 岩場を散策する際はケガに十分お気を付けください。また仏ヶ浦の海は水深が非常に深いため、波打ち際には絶対近付かないでください。
  • サルやクマが出没する場合がありますのでご注意ください。
  • 公衆トイレは桟橋付近の遊歩道沿いにあります。
  • 管理棟には午後4時ころまで管理人が常駐しています。(4月20日~10月末日まで)
  • 仏ヶ浦へは遊歩道を歩いて行くことも出来ますが、標高差100mの急な坂道が続くため船での観光をおすすめします。